鋼材管理システム

システム概要

建築鋼材生産工場において、PLCとのインターフェースを行い、生産される鋼材のトラッキング、倉庫での在庫及び出荷管理を行うシステムを構築しました。

  • 導入前の課題

    ■圧延計画にもとづいた生産ラインの調整が手作業で実施されていた。
    ■生産実績、在庫管理、出荷管理がデータ化されておらず、全て手書きで管理されていた。

  • 導入効果

    ■生産ラインの調整が簡単になり、生産開始までの時間が大幅に短縮できた。
    ■鋼材1本毎に生産実績を保有し、出荷後の品質管理も出来る様になった。
    ■在庫管理にて保有在庫数が一目で確認出来、出荷計画からの出荷作業が非常に楽になった。

開発詳細

対象設備 生産工場、保管倉庫
担当範囲 要件定義・分析、基本設計、詳細設計、製作、単体テスト、結合テスト、総合テスト、試運転、フォロー
開発期間 10ヶ月
開発環境
(言語・OS・DB)
Linux、WindowsXP,Oracle9i、OracleClient9i、RedHat、VisualBasic6.0

システム構成図

設備略図